絵本「じゃあじゃあびりびり」


じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
発行日: 1983年(改訂発売日:2001/08 )
価格:630円(税込)
対象年齢 0歳から
2001年8月改訂・厚紙絵本
14cm×14cm 22ページ
Amazon 売れ筋ランキング: 本 – 139位 /絵本・児童書 > 絵本 ─ 3位

商品説明

赤ちゃんは、言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っているという。そんな赤ちゃんの興味を存分に満たし、モノの名前と音とその形とを結び付けてくれる1冊。

自動車は「ぶーぶーぶーぶー」。イヌは「わんわんわんわん」、水は「じゃあじゃあじゃあ」、紙は「びりびりびり」。この絵本の題名はこの水と紙の音だ。ほかにも赤ちゃんの回りにある音がこの絵本はあふれている。掃除機「ぶいーん ぶいーん ぶいーん」、踏み切り「かん かん かん かん」、赤ちゃん「あーん あーん あーん あーん」。

イラストはカラフルで、極限まで無駄な線を省いたシンプルな切り絵。文字もイラストにあわせて配置されるなどの工夫がされている。14cm×14cmのミニサイズと赤ちゃんの小さな手にも程よい大きさ。しかもボードブック仕様なので少々乱暴に扱っても破れる心配もない。お出かけに持っていくにも便利な、赤ちゃんのための絵本である。(小山由絵)
(Amazon.co.jpより)

出品者からの内容紹介

「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」「みず じゃあじゃあじゃあ」楽しく明解な絵とリズミカルなことば。音から物を認識する絵本です。

みんなの口コミ

簡単な言葉の繰り返しが楽しいみたいで子供のお気に入りです。(miya)

ブックスタートでいただきました。とても単純な内容ですがとても喜び重宝しました。(smokey)

低月齢でも読み聞かせると音が面白いようで喜びました。(hina)

うちの娘は「じゃあじゃあびりびり」という絵本が好きです。絵がカラフルなのと言葉が面白いようです。(なな)

上の子に初めて読んだ絵本が「じゃあじゃあびりびり」という本でした。3歳になった今は自分で下の子に読んであげてます。(ちゃこ

プレゼントでもらった絵本『じゃあじゃあびりびり』は子どもがくいついたのでおススメ。(ユウナ)

スポンサーリンク