気を付けていますか?妊活中の食生活

妊娠したいと思っている時に気になることは沢山ありますが、意外と気づかないのが普段の食事にも気を付けること。卵子や精子の形成というのは、普段の食事も大いに関わってきます。卵巣が良く働いてくれるのも、食事で得た栄養があるからこそなのです。妊娠のためには、まず体内の基本的な部分をしっかりと調整し、体を妊娠へと導いて行くことが大切です。食べ物によって健康的になることは、後に生まれて来る赤ちゃんのためでもあるのです。

食生活によって妊娠しやすい体にするためのポイントは、まず3食きちんとバランスを考え食べることです。そして、良く噛むことも大事ですね。さらに、外食をしたりインスタント食品、ファストフードで済ませることも好ましくありません。食品添加物が多く含まれていることはもちろん、カロリー過多になってしまう恐れがあります。

女性側が進んで摂りたいのは、質の良い卵子を作る食品です。β-カロテンやビタミンCなどが含まれる、活性酸素を取り除くことのできるものが好ましいでしょう。にんじんやリコピンの含まれるトマト、そしてピーマン、かぶなどが有効です。また、緑黄色野菜であるかぼちゃに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があるので、進んで食べましょう。

ポリフェノールを摂るという点では、適度な量なら赤ワインも適していますし、普段から喉が乾いたら緑茶を飲んだり、ココアを飲むことも一案です。酵素を作ってくれる大豆も、ミネラルやたんぱく質が多く含まれるので、妊娠のために良く食べることが必要です。

そしてもっとも大切なのは、鉄分、葉酸を摂ること。
葉酸は、葉野菜、豆類、レバーなどに多く含まれるビタミンB群の1種。赤ちゃんの発育や血液を作る大切な働きがあります。葉酸が不足すると、先天性異常や貧血などの危険があるため、政府からは妊娠前からの摂取を推奨しています。妊娠を希望する女性は「1日400μg」(0.4mg/日)の摂取することを心がけましょう。また、上限は1000μg(1mg/日)が基準ですので、過剰摂取を控えましょう。
葉酸は食事から推奨量を摂取することが難しいので、サプリメントでの摂取がオススメです。詳しくはこちらをご覧ください。
⇒妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ

スポンサーリンク