赤ちゃんのカサカサ乾燥肌、しっしん対策

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌、しっしん対策

赤ちゃんの肌はプリプリで綺麗ですが、実は大人と違って皮膚がとても薄く乾燥しています。
抵抗力が弱いためトラブルが起こりやすいので、適切なケアが必要です。

乳児湿疹とは

生後1〜2ヶ月頃の新生児期の赤ちゃんのほとんどが乳児湿疹にかかります。
お母さんのお腹の中にいた頃は羊水に守られていましたが、外の世界に出て様々な刺激を受けることで起こるもので、適切な処置さえすれば、あまり心配はいりません。

ただ、乳児湿疹が悪化してアトピー性皮膚炎などに発展することもありますので、1ヶ月検診や、予防接種の時などに小児科医に診てもらうのが一番です。

家庭でのケア

赤ちゃんのお肌の家庭でのケアで一番必要なのが保湿。
お風呂の後はもちろん、着替えの時や外出する前、汗やよだれを拭いた時など、気になるタイミングでその都度保湿してあげることが大切です。

保湿剤は、赤ちゃんの肌にあったものが必要です。ローションや、クリーム、オイル、ワセリンなど様々な種類があります。
赤ちゃんの肌に塗りやすいのはベビーローション。乾燥がひどいときは、油分の多いクリームや、オイルやワセリンが効果的です。

筆者は、健診の度に小児科の先生に肌の状態を診てもらいました。今までにヒルドイドローション、ヒルドイドソフト軟膏、プロペトが処方されました。
ヒルドイドソフト軟膏はビーソフテンというジェネリックで出してもらったこともあり、成分に違いはありません。
背中やお尻など、広範囲に塗りやすいのはヒルドイドローション。乾燥が激しい箇所には、ヒルドイドソフト軟膏や、プロペトを重ね塗りしています。

1歳になる前頃、乾燥が進んでしっしんができてしまい、パルデス軟膏、フエナゾール軟膏などの薬を処方してもらった
こともありましたが、根気良く保湿を続けていたら2週間程できれいに治りました。

市販の保湿剤もたくさんの種類があり、手軽に手に入るメリットがあります。以下では口コミで人気がある保湿剤をご紹介します。
赤ちゃんの肌にあったものを選んであげてくださいね。

スポンサーリンク