妊活中の生理期の過ごし方

妊活中の生理期の過ごし方

体は低温期に入り、生理が終わった後は卵胞期に入る大事な時期です。
質の良い卵子を作る時期でもあるので、生理期の過ごし方こそ重要!
妊活をしていると、リセット後のこの期間は妊活の休憩時間のように捉えて、高温期に我慢していたお酒やタバコ、嗜好品をたくさん食べるなどの反動が出てしまうことも。もちろんストレスをためないようにほどほどに好きなことをするのも大切ですが、体調が崩れてしまうと月経周期の乱れが起こってしまうことも。
生理痛やPMSが出てくるこの時期こそ、体が喜ぶ過ごし方ができるといいですね。

1.体を冷やさないこと

低温期は体温が下がり、下腹部や子宮、内臓も冷えやすくなります。普段から冷え症の方は特に注意したいもの。入浴はシャワーで済まさずにできるだけ湯船につかって体を温め、特に下半身を温めて血行をよくしておきましょう。

2.軽い運動を心がけること

この時期は体を温めて血行を良くすることが大事なので、ぜひ軽い運動やウォーキングは取り入れて。ヨガ、ストレッチなどもおすすめです。
この期間にハードは運動をするとホルモンバランスが乱れてしまうこともあるので注意しましょう。

3.睡眠をしっかりとること

睡眠不足が続くと、ホルモンの分泌が乱れて排卵に影響してしまうことがあります。質の良い卵子を作るためにも睡眠はとても大切です。特に夜10時~2時はゴールデンタイムと言われるほど。この時間はできるだけ布団に入って横になるようにしてください。

4.ストレスをためない

体の不調の原因にもなるストレスはホルモンバランスの大敵。妊活中は周りの言動や様々なことが気になってしまったり、気分も沈みがちになることも。お気に入りの音楽を聴きながらウォーキングをしたり、好きな香りの入浴剤で半身浴をするなど、自分にとって心地いい時間を過ごすことでPMSを乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク